救急救命士のためのマンツーマン英会話|外国人患者への英語対応

救急救命士のための英会話

ここ数年、外国人旅行者・居住者が増えたことにより、救急で運ばれる患者さんの中に外国人も増えてきており、救急救命のお仕事で外国人への対応をスムーズに行えるように、英語の必要性をますます感じられていらっしゃる救急救命士の方から英会話ビギンへのお問い合わせが増えています。
【対応エリア】東京・横浜・神奈川・千葉・埼玉で300駅以上

救急救命のお仕事で外国人への対応をスムーズに行えるように、また、ドクターが話すカタカナ医療英語を即座に理解し対応できるようになりたい
オリンピック時に結成される外国人対応の救急救命チームのメンバーに入ることが目標
救急外来ナースとして、外国人患者に必要な英会話を習得したい

英会話ビギンの「救急救命士のためのマンツーマン英会話」では、初心者レベルの指導に長けた、サポート力の高い日本人講師がレッスンを担当します。

基礎英語力を養いながら、ロールプレイなど救急救命の現場で外国人対応の実践練習を組みあわせた完全カスタマイズのマンツーマンレッスンをご提供しています。

救急救命士のためのマンツーマン英会話レッスン事例

事例①

医療英語の理解と外国人患者への対応(30代男性 四ツ谷駅の英会話

どんなご希望?

救急救命の仕事で外国人への対応をスムーズに行うこと、ドクターが話すカタカナ医療英語を即座に理解し対応できるようになること、そしてオリンピックで結成される外国人対応チームのメンバーに入ることが主な目標

レッスン内容

(1)身近な出来事を発表しその内容についてフリートーク
(2)フリートークで発生した重要ポイントをピックアップし、応用練習
(3)宿題のチェックと復習
(4)文法ターゲットの提示
(5)医療の現場など身近な場面に置き換えて会話練習

レッスンの成果

救急救命の現場も含め、趣味の話など様々な話題について積極的に発表し、習った表現をできるだけ会話の中に取り入れています。
常に主語と動詞を意識し、単語だけでなく文で会話できるようになり、長い文や少し複雑な文の概要を理解し、的確に応答できるようになりました。
会話で使える構文がかなり増え、自然な会話のなかでの受け答えが速く正確になりました。

都内エリア全域でマンツーマン英会話を教えている福田先生
28才の時に英会話の初級コースからスタートし31歳から20年間英語講師を続けています。
生徒様の悩みや相談に的確に応えていきます。

もっと知りたい!