不動産業界で働く方のためのマンツーマン英会話|仲介や事務に必要な英語を学ぶ

不動産関連の英会話

外国人旅行者・居住者が増えたことにより、家探し・部屋探しをする外国人が増え、不動産業界でも英語対応が必要となることが多くなっています。

不動産業界で仲介や事務のお仕事をされており、お客様に外国人が増えるにつれ英語での対応の必要性をますます感じられていらっしゃる方から、英会話ビギンへのお問い合わせが増えています。
【対応エリア】東京・横浜・神奈川・千葉・埼玉で300駅以上

不動産仲介の仕事をしているが、場所がら外国人のお客様が多いため案内の際に困っている
不動産の営業をしているが、昨今は海外からの留学生も多く、英語が話せると説明などがスムーズになるので英会話を学びたい

英会話ビギンの「不動産業界で働く方のためのマンツーマン英会話」では、初心者レベルの指導に長けた、サポート力の高い日本人講師がレッスンを担当します。

基礎英語力を養いながら、ロールプレイなど不動産業での外国人対応の実践練習を組みあわせた完全カスタマイズのマンツーマンレッスンをご提供しています。

不動産業界で働く方のためのマンツーマン英会話レッスン事例

事例①

不動産仲介に必要な英会話を身につけたい。最初は日常英会話から希望(30代女性)

どんなご希望?

父の自営業である不動産仲介の仕事を手伝っている。
横須賀に住んでいることもあり、外国人のお客様がときどきいらっしゃるが、英会話が苦手なので対応に困ることがある。

レッスン内容

(1)会話用テキスト→表現の定着と応用したスピーキング練習
(2)中学文法問題集→文法ルールを理解した後、問題を解き音読練習
(3)フリートーク→学習した表現を取り入れながら話すスピーキング練習
(4)不動産場面別英会話→様々なお客様が来店したときを想定し、実際の部屋の間取り図を見ながら実際にお客様と質疑応答して対応をしていく練習

レッスンの成果

会話テキスト、文法問題集で基礎をやり直しました。
文法問題集で身につけた英語構文を、会話用テキストで応用して話す練習を繰り返し、会話に役立つ表現をたくさん使えるようになっています。
また、発音やイントネーションも向上し、聞き取りやすい英語に変わっています。
不動産仲介のシミュレーション練習では、お客様の意向を確認しながら部屋の特徴やオススメの理由などをわかりやすく説明できるようになりました。

事例②

不動産営業で外国人留学生への対応ができるように(40代女性)

どんなご希望?

不動産の営業をしている。
昨今は海外からの留学生も多く片言でも英語が話せると説明などがスムーズになるので、英語の勉強をしたい。

レッスン内容

(1)What’s new?からのフリートーク→ウォーミングアップ。新出単語、言いまわし、表現を確認
(2)宿題チェック→文章を暗記する事により、とっさに口に出せるようにする
(3)テキスト→その日のレッスンのターゲットを明確にする
(4)練習問題→ターゲットにそった様々な応用問題を解いてより深く理解力を身に付ける
(5)一問一答→文字を見ずに、即興で英作文し発話することで実践の会話に結び付ける

レッスンの成果

マイペースに楽しくレッスンを続けて4年。
途中、仕事での資格試験取得や体調不良などでお休みを挟みながら、その都度レッスンに復帰し、長期間にわたり続けることで、着実に英語力をアップしています。
はじめた当初と比べ、スピーキング、語彙力、文法理解のレベルが2つ以上アップしました!

不動産業界で働く方のためのマンツーマン英会話レッスンを受けた生徒様の声

体験の時カードを使って分かりやすく教えてくださり、分かりやすく始められそう…と思いました。
実際のレッスンでも、私のぺースに合わせてくれるので、聞き取りにくい単語などがあっても何度も教えてくれます。
年齢も近いので共感することも多く楽しくレッスンを受けています。(40代女性 不動産営業 レッスン受講場所:蒲田駅)
当初は全く分からなったのでようやく はじめの一歩って感じです。
あせると飽きてしまったり長続きしないのでじっくり勉強したいと思います
(30代男性 不動産営業 レッスン受講場所:池袋駅)

接客・販売の英会話レッスン