[英会話ビギン] ショップ・販売での接客英語フレーズ

ショップ・販売での接客英語フレーズ

来日する外国人旅行客の楽しみの一つに「買い物」があるでしょう。
高い技術力、きめこまやかな配慮が行き届いた日本の製品・プロダクトは外国人旅行客に人気です。

全く日本語が話せない外国人旅行客にとって、スタッフが英語で対応できると安心ですね。
英語に自信がなくても慣れない言語で対応してくれるだけで気持ちは伝わるはずです。
海外で買い物をするたびに、日本のアパレル販売員は接客が丁寧だとあらためて思わされます。

日ごろの丁寧な接客だけでも外国人旅行客にとっては感動の瞬間ではありますが、さらに、安心できる買い物をしていただけるように、英語で接客できるよう練習しましょう。

1. 試着で使う英語表現

客: Excuse me. Can I try this on?

店員:Of course. The fitting room is over there. Follow me.

客: O.K.

~試着後~

店員:How was it?

客: I like the design but do you have this in a bigger size?

店員:Yes, we do. Could you wait here for a second? I’ll bring one here.

客: Thank you.

~再度試着~

店員:How was it?

客: I’ll take it.

店員:Are you going to look some more?

客: No, I don’t think so.

購入決定までに使える英語フレーズ

「試着なさいますか?」Do you want to try it on?
※靴やサングラスなど複数の場合はtry them on 

Try~onでサイズや色味などがあうかどうか試しに着てみること。
化粧品や機械など実際に使って試す場合はtry~out で表現する。
Do you want~?は「~したい?」という意味合いではなく「~してみては?」というニュアンスでも使えます。Would you like to~?だととても丁寧です。

「試着室はあちらです。」The fitting room is over there.

(試着後)「いかがでした?」 How did it fit?/ Did everything fit ok? /How did it look?

「他にもごらんになりますか?」Are you going to look around some more?

「サイズはおいくつですか?」What size are you?

日本サイズだとわからない人も多いと思います。I don’t knowとかえされたらTry a size ~.と提案しましょう。各国のサイズ表記が比較できるよう表を用意しておくと便利です。

「こちらはフリーサイズです。」This is one-size-fits-all.
フリーサイズは英語の様で日本語です。

「こちらが似合いますよ。」This looks nice on you.

ほめるときはYou look good.やThe shirt suits youなどの表現があります。
スタイルや色などが合うときはsuit、サイズが合うときはfitを用います。This shirt doesn’t really fit.

「これとこれがあいますよ。」They look good together.
お客さんが既に着ている服にあっている場合は、This matches your ~.という表現があります。

「これの青と白があります。」 We have this in blue and white.

~があります。はWe haveを用います。店を代表しての発言なのでIではなくWeを使いましょう。
色やサイズの前にinをおいて表現します。 

(例)Do you have this in other colors?他の色ありますか?
   We also have this in small. このSサイズもあります。

「こちらはセール品ではありません。」This isn’t on sale.

「こちらは新作になります。」This is the newest style.

「こちらは人気アイテムです。」This is very popular.

「お調べします。」Let me check for you.

「一週間後再入荷の予定です。」That item will be back in stock in a week.

be in stock=在庫がある。
out of stock=在庫がない。
backordered=入荷待ちである。

2. レジにて使う英語表現

店員: How would you like to pay?

客:  Do you take American express?

店員: Yes, we do. Please sign here.
Thank you. Hope to see you again.

レジで使える英語フレーズ

「お支払いはどうされますか?」How would you like to pay?
pay in cash(現金で)/pay by credit card (クレジットカードで) の表現もセットで覚えておきましょう。

「アメリカンエキスプレスはお取扱いしていません。」 We don’t take American express.
Takeの他にacceptという動詞も使えます。

「現金のみのお支払いになります。」I’m afraid we take cash only.

「おつり/ レシートです。」Here’s your change / receipt.

「ありがとうございました。」Thank you very much.

他にも、短期滞在の旅行者に対してはHope you enjoy the rest of your stay.なども良いでしょう。
Have a good day/one.も支払い後によく使われる表現です。

3. 返品対応で使う英語表現

客:I’d like to return this item.

店員:Do you have your receipt?

客:Yes. Here.

店員:Do you want to exchange it?

客: No. I’d like a refund.

返品対応で使う英語フレーズ

「返品は向こうのカウンターで対応します。」You need to go to the counter over there to return items.

get a refund=払い戻しをうける。 refund=払い戻しをする。

「2週間以内にレシートと一緒にお持ちになれば返品可能です。」If you bring the item back with your receipt, you can get a refund.

「他の物と交換なさいますか?」Do you want to exchange this for something else?

Exchange A for B=AとBを交換する。

4. 注意すべきカタカナ英語

ファッション関連用語にも英語のようで英語ではない言葉が紛れています。
以下のカタカナには注意しましょう。

ノ―スリーブ→sleeveless.
リュックサック→backpack
ロンパース→onesie
ワンピース→dress
ビーチサンダル→flip-flop
セーター→sweater
パーカー→hoodie

ショップ・販売での接客英語フレーズ まとめ

普段よく使うフレーズは英語でも何度も練習しておきましょう。
一度使ってみると定着しやすく、自信にもつながります。

日本はお客「様」として距離を置いて丁寧に接しますが、海外では日本に比べて店員と客はもう少し対等になります。
丁寧な表現を使うのは日本の接客の良いところですが、言葉使いの丁寧さにこだわりすぎて会話に支障がでるよりは、堂々と知っているフレーズを使って話していくほうがずっと良いでしょう。
態度の丁寧さは必要ですが、言葉の丁寧さは英語の接客では気にしすぎなくて大丈夫です。

最近はネットでの買い物も便利になってきたためファッション業界のショップサイトも充実してきました。
お店のサイトを英語でいくつか覗いてみてアイテムの名前表記や値段表記のしかたなどを参考にしましょう。
その際には必ず英語圏のサイトを訪問しましょう。日本のアパレルショップでは変な英語表現もたまに見かけます。

訪日外国人の方が日本で充実した買い物ができるよう、できる準備をしていきましょう。

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン