間違えやすい英語

  • 「~も~もない」って英語で何と言う?(全否定の言い方)

    Don’t use a mobile phone and smart phone.この表示は携帯電話もスマートフォンも両方使ってはいけない、という意味になるでしょうか?「~も~もない」と全否定の文を作るとき、and を使うと違う意味になってしまうので要注意!正しい表現方法について解説します。

  • よくある英語の間違い「着る」~wearとput onの違い

    「着る/身に着ける」という単語にはよく”wearと”put on” が使われます。ところがwearとput on は会話上でもTOEICなどのテストでも日本人がよく間違える表現です。2つの違いと使い方について、解説とクイズでマスターしましょう。

  • 「につき~」の意味で使われる「a/an」と「per」の違いって?

    「につき」の意味を持つa/anと per。2つは同じように使われるの?それとも違いはあるの?それぞれの単語の特徴や訳し方をもとに、実際の会話での事例を紹介しながら違いについて解説します。

  • 英語で「終わりましたか?」have you finished/did you finish/are you finishedの違い

    日本語の「終わりましたか?/終わった?」を英語にすると、意図やニュアンスが少しずつ異なる「3つの形」が存在します。少しずつ意味合いの異なる「終わりましたか?」3つの形は、聞き手がフォーカスしている部分によって異なります。イメージがわきやすいように、それぞれの使用場面とともに解説します。

  • near とnearby, goとgo to よくある間違い

    I like to go to shopping. (私は買い物に行くのが好きだ。)There is a coffee shop nearby my house. (私の家の近くにコーヒーショップがある。)これらは、間違った英語です。これでも十分通じますが、レベルアップのために、細かい間違いに気を付けましょう。このコラムでは、near とnearby, goとgo to よくある間違いについて解説します

  • goとcome「行く/来る」の違いって?具体的な使い方解説

    goは「行く」、comeは「来る」と習ったはずなのに、ときどきcomeが「行く」とも訳され、どっちなの???と悩んでしまいます。goは「行く」、comeは「来る」と訳で覚えるのではなく、2つの単語が持つイメージを理解すると混乱しなくなります。このコラムでは、goとcomeの持つ基本イメージを解説し、様々な例文と共に使い分けのご紹介をします。

  • 「代わりに」を英語で!On behalf of と instead of に違いはあるの?

    「その代わりにやるよ!」 「〇〇さんの代わりに僕が出るよ」 「あれの代わりにこれが届いたってことね?」 このように、日々「代わりに」という言葉私たちはよく使っていますよね。 さて、この…

  • 「ストロー=straw」は「麦わら」と同じ単語?strawの使い方

    strawというと、ジュースなどを飲む「ストロー」が思い浮かびすが、実は「麦わら」も同じstrawを使います。なぜ同じなの?strawの起源や使い方・用法をご紹介。

  • lemonには「欠陥商品」という英語訳が?知られていないLemonの用法

    海外の取引先から“You sent us a lot of lemons.”というメールが送られてきた!レモンは送っていないのになぜ???lemonのあまり知られていない悪い意味について解説。

  • 「多分」を英語で?defenitely,probably,maybe,possiblyの可能性の違い

    日本語で訳せば「多分、おそらく、もしかしたら」などに当たる英語表現はたくさんありますが、実際どの程度の可能性、あるいは頻度を表すのか、辞書を引いただけでは分かりにくいことも多いのではないでしょうか。…