[英会話ビギン] 外国人旅行客が喜ぶ!日本のお土産は?

外国人旅行客が喜ぶ!日本のお土産は?

日本滞在中の楽しみの一つが買い物です。
外国人旅行客にはどんなお土産が人気なのでしょう?どんなお土産がおすすめできるでしょうか?
日本に住んでいると当たり前に見かけるあれやこれ、実は外国では珍しかったり、面白かったり。
そんなお土産グッズを英語でどういうのかみてみましょう。

1. Traditional Japanese Items 伝統工芸品や日本らしさのあるお土産

京都、鎌倉、浅草などで見かける専門店はもちろん、東急ハンズやLOFTなど大型小売販売店でも「日本伝統をテーマにした商品」が購入できます。
100円ショップで購入できるアイテムも多くあります。
来日したお客様におススメするお土産として、もしくは自身が海外にもっていくお土産として、どんなものが喜ばれるのかみてみましょう。

Fan:うちわ

Folding fan: せんす
オリンピックは真夏、ということで早速使えるアイテムにもなります.
「うちわ」や「せんす」、「扇風機」それから「換気扇」も同じfanという単語です。

Kendama:けん玉
どこでも手軽に遊べるおもちゃとして、ヨーヨー同様に世界でも夢中になる人達がいます。
けん玉の技をKendama tricksといいます。
けん玉の技を英語でみてみましょう。参考→Kendama USA

Tenugui (cotton hand towel):手ぬぐい

Furoshiki(wrapping cloth):ふろしき
バッグにしたり、何か包んだり、壁に飾ったりなどインテリアとしても人気です。
浮世絵からおもしろデザインまで柄が豊富です。

Wall hangings/scrolls/banners: 壁掛け
掛け軸の様な高級なものから、かき氷の旗まで、デコレーションものはやはり人気があるようです。

Japanese wind chime: 風鈴
かわいらしい音が夏にぴったりです。様々な素材とデザインが選べるのも魅力です。

Food replica samples:食品サンプル
日本といえば食品サンプルでも有名です。レストランのウィンドウにある本格的なものから、手軽に購入できるキーホルダーやマグネットなどもあります。
化粧品などの無料サンプルは、英語ではfree sample、もしくはfreebieという単語をよく使います。

Japanese paper balloons:紙風船
カラフルな色合いと手軽で軽いところがお土産にぴったりです。

Maneki-neko (beckoning cat):招き猫
海外でも日本料理店、たまに中華料理店などでよく見かけます。
ダルマなどの置物も同様に、飾りとして購入されます。

その他、Yukata set (ゆかたセット)、Geta (下駄)、Calligraphy set (習字道具セット)、Tea containers (茶葉入れ) など、他にもたくさんの伝統品があります。迷いますね。

2. Food :食べ物

Kit Kat
大人数に配れる人気のお菓子です。
抹茶、わさび、一味唐辛子、ご当地もの、キャラクターものまで様々に展開しているため
来日時の定番お土産アイテムのひとつとなっています。

Sweets with green tea flavor
その他、抹茶味のお菓子も人気です。
海外では日本茶は人気ですが、お菓子にお茶の風味を加えているのは珍しいようです。

Instant ramen
日本のラーメン店が海外にも進出していますが、インスタントラーメンも安価で軽いのでお土産におススメです。

Japanese green tea
日本茶はスーパーなどでも手軽に購入できます。
色々な種類があり、英語表記されていないものも多いのでどれを選んだらよいのか迷ってしまう観光客も多いこと思います。
ブランドの違いまではお茶好きでないと難しいですが、代表的なgreen teaの種類は英語で説明できるようにしておきましょう。

玄米茶→green tea with roasted brown rice
ほうじ茶→roasted green tea
煎茶→the most popular type of green tea in Japan
抹茶→powdered green tea

3. Stationery:文房具

文房具の充実度は日本が世界一ではないかと思います。
本にしてもキャラクターものや高機能なものまでそろっています。
日本のテクノロジーや文化を代表するアイテムとして、文房具類も人気お土産の一つです。

Pen:ペン
Paint markers(マーカー)やMechanical pencils(シャーペン)も高性能な商品が多いです。
ペンの書きやすさをとことん追及する会社が日本にはあります。
海外ではシャーペンよりもペンの使用率が高いですが、ペンだけでなく日本のシャーペンも種類が豊富で高機能なのでおススメです。
「シャープペンシル」は英語ではないので注意。

Stickers: (シール)
伝統ものからキャラものまで様々にそろいます。子供へのお土産にも喜ばれるかもしれません。
seal(シール)は「判子」、stamp(スタンプ)は「切手」とカタカナと英語の意味にずれがあるこの三単語は注意です。

Origami paper:折り紙
海外でも人気の折り紙。origamiは海外でも通じる日本語です。
100円ショップでも様々な柄の折り紙が手に入ります。
英語表記の作り方を載せた商品も見かけます。

“How to make origami” で検索すると、折り紙の作り方が英語でたくさん表示されます。
作り方を説明する練習もできますね。

Fold in half (半分におる)や Turn over (ひっくり返す)などシンプルだけどなかなか言えないフレーズも参考になるので、英語学習者にもおすすめです。

Washi tape:マスキングテープ
マスキングテープはデザインも多様、用途も多様ということで人気です。
Masking tapeという名称ではあるのですが、最近は工作やデコレーション目的で使われることが多く、日本では特にデザインが豊富ということでwashi( 和紙)tapeという名称で親しまれています。

4. Electronics 家電

文具に続いて日本のテクノロジーを代表する家電。
自宅用に買う人やお土産に頼まれる人までいるようです。
家電売り場には中国語や英語の話せるバイリンガルスタッフが重宝されています。

Rice cookers:炊飯器
高級炊飯器が大人気であることは有名です。
特にお米を主食とする国では日本の炊飯器は人気のようです。

Toilet seat: 便座
日本のハイテク温水洗浄便座を持ち帰り、自宅に設置する人もいます。
日本のトイレ事情は英語のサイトでもよく取り上げられるトピックのひとつです。

Cameras:カメラ

Lens:レンズ
有名な日本のメーカーは日本で購入したいという理由です。
カメラのレンズも日本の方が安く買えるそうです。

Apple products: アップル社の製品
他国での地方税や関税の関係で、iphoneやipadなどの世界人気商品をはじめ、一部のlaptop(ノートパソコン)も日本で購入した方が安く買えるそうです。
参考→Price of Travel

Thermos (stainless steel bottle):保温のできる水筒
優れた保温力で海外でも話題になっているアイテムです。
1日経ってもまだコーヒーが熱い!と驚かれます。

外国人旅行客が喜ぶ!日本のお土産 まとめ

いつも目にする店頭商品も、海外からの目線で見ると少し新鮮にみえたりもします。
海外から来たお客さんにおススメするアイテムや海外ホームステイの際にもっていくお土産の参考になれば幸いです。
おススメしたり、プレゼントとして渡す時には、そのアイテムの名称や使い方の説明をできるようにしておきましょう。
You can get (アイテム名) at (店名)in (地名)で手に入る場所もおしえてあげましょう。
「~にあるかもしれない。」と少し自信のないときは You may try (場所名・店名)のフレーズが使えます。
上級編として、伝統品であれば、その発祥地域や歴史なども説明できるとさらに喜ばれるでしょう。

最新のコラム

初心者から日本人講師と始めるマンツーマン英会話レッスン